2017年02月03日

【わきがのにおい消し】体臭や加齢臭なんかで、悩まないで解消したい

ニオイを消す事ができれば、あなたは人と接することに何らストレスを感じることもなく、
堂々と接することができるのです


ニオイというコンプレックスは、その人の性格を暗いものにし、周りの人から嫌われてしまい、
最悪の場合には職場やプライベートの人間関係を崩壊させてしまうこともある恐ろしいコンプレックスです。

そのため、人と会うことがストレスになり、積極的に会うことができず
引きこもってしまうケースもあるくらいです。
人前でビクビクしてしまい、その場から立ち去りたくなるのです。

しかし、ニオイを消す事ができれば、
あなたは人と接することに何らストレスを感じることもなく、
堂々と接することができるのです。

女性と話す時も、上司や同僚と話をする時も、お客の前でプレゼンをする時でさえもです。
もう、人前でビクビクしなくてもいいのです。

あなたは、最短かつ確実な方法で臭わない堂々とした自分を手に入れたいとは思いませんか?

もし、あなたが「自分のニオイのせいで、他人に迷惑をかけている」という自己嫌悪に陥っているのなら、、、
これはあなたのためのものです。

ほとんどの体のコンプレックス(顔がブサイク、頭がハゲている)は、自分には関係があっても、
他人にはなんの関係もありません。

それ自体が他人に迷惑をかけることもありません。

臭いが気になる、わきが??
ニオイは空気を伝わり、直接脳に作用して、周囲の人に不快感を与えてしまいます。

「この人クサイ、近寄りたくない。」

残念ながら、一度そう思われてしまうと、
あなたの印象は悪くなり、イメージを回復する事はなかなか難しいでしょう。

また、「クサイ」という他人からのちょっとした言葉が自分の心を傷つけてしまい、
「自分の存在を消してしまいたい」という自己嫌悪に陥ります。

もし、ニオイを消すことができれば、周囲の人はあなたに不快感を示す事もありませんし、
あなたを避ける事もありません。あなたは自己嫌悪に陥ることもありません。

そして、臭わない体を手に入れたあなたに、周囲の人は驚きを隠せない事でしょう。
「もしかして、臭っているかも」という周囲に気を遣うことも、
「人が密集しているところは嫌だな」というような苦痛も感じなくなります。

あなたは、今後一切、臭わない体を手に入れる準備はできていますか?

改めまして、私は藤田と申します。
普段はニオイ改善アドバイザーとして、ニオイに悩む男性を専門に
ニオイ改善の方法をアドバイスしています。

これまで、体臭やワキガ、加齢臭などに悩む数多くの男性のニオイ改善のお手伝いをしてきました。

体臭っていつから?
今までワキガなんて考えた事なんて

あることがきっかけで、私はニオイを自覚するようになりました。

ある日、顔を洗うため洗面所に行くと、
そこに洗濯物を洗おうとする母の姿がありました。

母は私のTシャツをつまみ上げ、ちょっと言いにくそうにこう言ったのです。

「あんた、小学生のくせに、、、」

母の表情は、Tシャツのニオイに顔をゆがめ、今にも咳き込みしそうな状態でした。
一瞬、何を言いたいのか分かりませんでしたが、やがてハッとしました。

当時、私は小学生の同級生から、「お前くせーぞ」という言葉を何度か聞かされていました。

その時は「そんなニオイ、誰でもするよ」と思っていたのですが、
母に言われたその一言で、「自分は本当に臭うんだ」という、何とも言えない気持ちになりました。

私は思わず母に「くさくねーよ」と叫んでしまいました。

そのすぐ後に、恥ずかしい思いと、怒りのような思いがこみ上げてきました。
母は私を見てただ「ごめん」と言うばかりでした。

あなたはこんな屈辱的な言葉を言われた事がありますか?

ニオイで悩んでいる人に対するこの言葉がどれだけ心を傷つけ、自己嫌悪に陥るか、
分かってくれるのではないでしょうか。

この言葉は、私が大学時代の彼女に言われた言葉です。

彼女は比較的思った事をズバッという人だったので、
ちょっとした言い合いをするのは日常茶飯事でした。

しかしある日、少し本気のケンカになってしまいました。

きっかけは些細な事だったと思いますが、その時は私も虫の居所が悪くて、
徹底的ににやってやろうと思い、次第にお互い声を張り上げての言い合いになりました。

その時でした、彼女から信じられない言葉が飛び出したのです。

「あんたさぁ、臭いんだよ!息止めていないと窒息死しちゃう!」

この言葉は一生忘れられません。
その言葉を聞いた瞬間、唖然として返す言葉がありませんでした。

崖から突き落とされたような強い衝撃を受けました。

まさか、信頼していた彼女からそんな言葉が飛び出すなんて、、、
それ以来、自分の体が臭うイメージが強くなり、周囲にも気を遣うようになりました。

男の体臭・加齢臭・ワキガ・足のニオイを撃退!パーフェクトメンズデオドラント【公式サイト】

ニオイの為に、ワキガの為に嫌われる?

「自分は臭うんだ」とはっきり自覚して依頼、
私は周囲の人々と積極的に関われなくなりました。

あなたも知っての通り、ニオイは空気を伝わって他人に不快感を与えてしまうのです。

「こいつクサイ」とか、「近寄りたくない」そう思われたらどうしよう。
他人から嫌われたくないという恐怖が、毎日のように襲ってくるのです。

では、なぜ人はクサイ臭いを嗅ぐと、反射的に避けるのでしょうか?

それは、ニオイは脳に直接作用するからです。

ニオイは、目に見えないニオイの分子が空気を伝わって直接相手の鼻に入ります。
その分子が鼻に入ると、天井にある嗅粘膜の粘液に溶け込みます。

すると、そこにある細胞が興奮して電気的な信号が発生し、
その信号が大脳に到達することで、ニオイの感覚が生じると考えられています。

ニオイを感知する嗅球と呼ばれる神経組織は、脳の大脳辺縁系の一部なので、
そのニオイの感覚は、脳の最深部にある大脳辺縁系に大きな作用を及ぼします。

ここは人間の本能や感情を司っている部分であり、
言い換えれば、人間の本性そのものなのです。

そこにニオイが直接作用するのです。

他の感覚(視覚・聴覚・触覚・味覚)というのは、視床、大脳新皮質など
さまざまな神経回路を経て大脳辺縁系に情報が伝わるのですが、
嗅覚は別で、最短ルートで情報が脳に直接届きます。

つまり、香りやニオイは脳と直結しており、
ニオイを嗅いだ瞬間に大脳辺縁系に情報が直接伝わり、
本能が刺激されたりすぐに感情や記憶を呼び起こす事ができるのです。

人とすれ違ったり、いいニオイで思わず振り返ってしまったり、
ゴミのようなニオイに顔をしかめたりするのは、ニオイが脳へ直接作用しているからなのです。

ですから、嫌なニオイだとその香りを理屈抜きで嫌いになり、
それを発している人の事も嫌いになってしまうのです。

「この人に近寄りたくない」というのは、「このニオイは危険だ」と脳が判断し身を守る、 いわば人間の防衛本能がそうさせているのです。
posted by ワキガ改善 at 13:38| わきが改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする